親知らずの抜歯

骨の中に埋まった親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは、左下の親知らずが痛むため抜歯を希望して来院されました。

部位を見てみると、親知らずは歯ぐきの下に完全に埋まっているらしく、姿は見えませんでした。

レントゲン写真で確認すると、横向きに生えた大きな親知らずが見えました!

親知らずの歯冠が、手前の歯の根っこを押すように生えています。

今まで数多くの親知らずを抜いてきましたが、なかなかここまで深い位置に生えた親知らずには出会ったことがないくらい奥まった位置に埋まっている親知らずでした。

下歯槽神経にも非常に近いため、CTを撮影して生え方を詳しく解析していきました。

平面のレントゲン写真ではわかりづらかったですが、親知らずの根っこは大きく曲がっています。

幸い神経管との距離はわずかですが離れていることが確認されたため抜歯開始です!

親知らずは歯ぐきの下よりさらに骨の中に埋まっているため、抜いていくために最低限親知らずの周りの骨を削っていきました。

まずは歯冠部分を少しずつ分割して取り除いていきます。

それから神経管と近い位置にある根っこを慎重に抜いていきました。

神経を圧迫しないように二つにわかれた根っこを1つずつ抜いていきます。

無事スッキリ抜けました!

骨の中に埋まっていた親知らずを抜いたので抜歯後はもちろん頬の腫れは大きかったですが、神経麻痺もなく大丈夫だったそうです。

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/06/22

  2. イタリアン スタンド ジラソーレ

  3. 今日のお花 2024/06/21

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
アーカイブ