親知らずの抜歯

右下の親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは、右下の奥歯が腫れて痛みがあるということで親知らずの抜歯を希望して来院されました。

部位を見てみると、右下の奥歯の周辺が赤く腫れ上がっていましたが、親知らずは歯ぐきの下に隠れて見えませんでした。

レントゲン写真を撮って確認すると親知らずが手前の歯を押すように斜めに向かって生えているのがわかります。

親知らずは下歯槽神経に近い位置に生えているのでCTを撮影して詳しく生え方を解析していきました。

神経管から十分な距離があることが確認できたので抜歯開始です。

歯ぐきを切開していくと、分厚い顎の骨に囲まれた親知らずが見えてきました。

抜いていくためには、まず親知らずの周りの骨を少しずつ削っていきます。

スペースができましたが、まだそのまま歯を抜くことはできません。

親知らずの頭を切断して取り除いていきます。

ここからがまた大変になります。

親知らずは手前の歯に食い込むように生えていたので、手前の歯を傷つけないようにさらに親知らずを分割して慎重に抜いていきました。

全て抜けた親知らずはこのように細かくなっていますが、抜き残しもなくスッキリ抜けました。

神経に近い親知らずだったので抜歯後は頬も腫れますが、1週間程で落ち着いてきます。

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/06/22

  2. イタリアン スタンド ジラソーレ

  3. 今日のお花 2024/06/21

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
アーカイブ