マウスピース

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

 
 
 

今回の患者様は、上下の前歯の歯並びの相談に来られました。

確認したところ、上は前歯が若干、前に出ているように見えます

 
下は目立つほどではありませんが少し段差が見らます。
 

上下の歯が上手く噛み合っていないためか、前歯で食べ物が噛めないので、前歯をそろえて噛めるようにしたいとのご希望でした。

ご本人はマウスピースでの矯正が希望で、必要であれば抜歯やディスキングも構わないと、治療には積極的な様子でした。

まずは診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:アライナー治療に適した症例です。
■平均治療期間:上顎 12回 12~14ヶ月    下顎 6回 6~8ヶ月

 



 
 
気にされていた前歯の前突も少ない回数で改善できるようです!

下の前歯の少しの段差も解消できています!

 

マウスピース矯正においては、患者様自身の管理も治療の進捗を大きく左右します。

今回患者様の症例では、早ければ1年以内に目標の歯並びに到達できる予測となっています

このように、見積もりの時点で治療完了時の歯並びの画像が確認できるので、患者様のやる気もかなり上がるようです!

最終結果が楽しみになりますね♪

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/04/20

  2. 松山の気候について

  3. 今日のお花 2024/04/19

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
アーカイブ