インプラント

インプラントオペの症例

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、過去に当院で行ったインプラントオペの症例をご紹介します。
 
 
今回の患者様は、詰め物を入れていた左上7番目の歯が、何度も腫れたり膿が出たりしており、状態が良くないため抜歯した方が良いと診断されました。
 
抜歯後はインプラントを植立し差し歯を入れたいと希望されたため、今回、左上7番目のインプラント植立が決まりました。
 
  
 

 

当日の様子は、まず診療室に入っていただき、簡単にお口の中の全体的なお掃除と麻酔、仮歯を外す処置、CGFのための採血を行います。

CGFとは、患者様自身の血液を専用の遠心分離器で血液を遠心分離して生成した「フィブリン」と傷の治癒や組織の再生に有効な血小板や成長因子を濃縮したゲル状の塊です。
 
インプラント手術では、骨が足りない部分にCGFを填入したり、膜状にして骨を覆うことで、骨密度が低い人や顎の骨が薄い方など、インプラント手術の可能な範囲が広がり、その後の傷の治癒や骨組織の再生の促進が期待でき、治療期間も短縮できるため、インプラントオペではほぼ必ず使用します。
 
麻酔が効いている事が確認されると、すぐにオペ開始です。
 
まずは左上7番目の歯茎から骨の部分までを穴開けパンチの要領で穴を開けていきます。
くりぬいた部分の歯肉を取り除き、次は骨に穴を開けていきます。

ドリルの先端を細い物から徐々に大きい物に変えながら、植立するインプラント体のネジの部分を除いた胴の部分の太さに合わせた大きさの穴を開けていきます。

開けた穴に、専用道具を使ってネジを締めるように長さ2センチ程のインプラントを骨に埋め込んでいきます。

 

しっかりとインプラント埋め込まれた後は、動揺がないか、噛んだ時に当たらないかなどを確認して、最後にパノラマ写真を撮影して今回のオペは終了となりました。

 

 
 
数時間後にお電話で症状を確認したところ、痛み、出血、腫れ、しびれのいずれの症状もないとのことで一安心です。

それから約3か月経過後、きれいな差し歯が入りました。

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/04/21

  2. 今日のお花 2024/04/20

  3. 松山の気候について

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
アーカイブ