勉強会

がん患者における医科歯科連携事業

こんにちは、予防歯科インプラントホワイトニング審美歯科で大切な歯を守る愛媛県松山市余戸伊藤歯科医院、院長伊藤泰司です。

先日の日曜日は朝から清々しい秋晴れでした。

ジャケット一枚で過ごせる気持ちのいい季節になりました。

こんな日は完全休養日として家族とゆっくりしたいところですが、そうはいきません。

がん患者歯科医療連携講習1「手術前患者を対象とした口腔ケア」というテーマで医科・歯科連携講習会が歯科医師会館でありました。

この事業の目的は、口腔ケアをがん治療に導入することで、がん治療中の口腔内合併症を予防・軽減し、患者さんが安心して歯科治療を受け、口から美味しく食事がとれるような医療体制を構築することにあります。

そのためには、がん治療医師とかかりつけ歯科医師との情報の共有や円滑な連携が不可欠となってきます。

愛媛県では愛媛県歯科医師会と四国がんセンターとの連携事業として、今日のような所定の連携講習を受講した歯科医療機関が四国がんセンターにおけるがん患者診療に関わる登録医療機関となることが出来ます。

今後も連携講習2、3と開催されていきます。

当院も、すべての講習に参加して、がん患者さんに安心・安全な治療を出来るように日々研鑽をしたいと思います。

前回のブログ

関連記事

最近の記事

  1. 春爛漫ゴルフ

  2. 歯の黄ばみについて

  3. happy bagel

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
アーカイブ