歯のこと

妊娠中は気になるレントゲン撮影

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

妊娠中の歯科治療で気になることのひとつに、レントゲン撮影があると思います。

歯科で使用しているレントゲン写真は3種類あります。

3Dで見ることができる歯科用CT、顎全体の確認ができるパノラマレントゲン、そして3~4歯を部分的に見るデンタルと呼ばれるレントゲン撮影です。

被ばく量でいうと、CT撮影がいちばん多いですが、それでも1回0.1ミリシーベルトで、医療用のCT撮影の被ばく量が6.9ミリシーベルトであるのに比べるとかなり少ない数値です。

さらにパノラマでは0.03ミリシーベルトデンタルでは0.01ミリシーベルトとなっています。

妊娠中は気になるレントゲン撮影

妊娠中にレントゲン撮影を行うことで、催奇形性はあるとされていますが、100ミリシーベルト未満では発生率の上昇はないと報告されています。

また同じく、小児がんや中枢神経障害に関しても、100ミリシーベルト未満では影響はありません

つまり歯科で使用されているレントゲンでは、妊娠中のどの時期でも、胎児に影響する被ばく量に達することはありえません

どうしても心配がある場合には、防護服も用意しています。

早産などによる胎児の後遺症を防ぐために、妊娠中の口腔内環境の改善は重要です。

安定期であれば、積極的に歯科を受診してお口の健康を保ちましょう。

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/7/14

  2. 今日のお花 2024/7/13

  3. 今日のお花 2024/7/12

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ