歯のこと

妊娠中のお口の中

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

妊娠中は、お口の中に異変が現れやすいです。

たとえば、妊娠中は女性ホルモンの増加内分泌の変調により、歯ぐきが赤くなって腫れやすくなったり、歯ぐきから出血したりすることもあります。

これは歯肉炎の症状ですが、歯肉炎が進行すると、お口の中にエプーリスという増殖性の腫瘤ができることがあります。

エプーリスは出産後に消失する場合もありますが、生活に支障がある場合には切除することもあります。

そして妊娠すると、むし歯になる危険性が増加します。

これには2つの理由があり、1つ目は口の中の唾液の性質酸性に変わり粘っこくなることと、2つ目悪阻などで食事の回数が増えて、口の中が汚れやすくなることが挙げられます。

母親のお口の健康は、生まれてくる赤ちゃんにも影響を与えます。

とくに近年、母親が中等度から重度の歯周病にかかっていると、早産や低体重児出産を起こしやすくなることがわかってきました。

これは、喫煙やアルコール摂取よりも大きな影響を及ぼすといわれています。

妊娠中に喫煙やアルコール摂取を控えることはもはや常識となっていますが、歯周病の治療をすることも当たり前の知識として知っておいてほしいと思います。

赤ちゃんが生まれてからも母親のお口の健康は大切です。

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、むし歯菌は存在しません

つまり子どものむし歯は、母親とのスキンシップ等で唾液を通じておこる母子感染が主な原因といわれています。

いずれも、口腔内をしっかり清掃しておくことで十分に予防できます。

しかしセルフケアだけでは予防しているとはいえません。

妊娠がわかったら1度は必ず歯科を受診して、お口の中をチェックしてもらい、プロフェッショナルケアを受けるようにしましょう。

松山市では個別妊婦歯科健康診査といって、市から送られてくるクーポンを持参すれば無料で歯科検診を受けることができます。

これを積極的に利用して、お口の中を清潔に保つようにしてくださいね!

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/06/16

  2. 今日のお花 2024/06/15

  3. 抜歯前に注意すること

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
アーカイブ