親知らずの抜歯

右下の親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は久しぶりに親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは右下の親知らずが歯ぐきから少しだけ頭を出している状態で、さらに親知らずと歯ぐきの隙間に物が挟まって歯ぐきが炎症を起こしていました。

そのためこの日は右下の親知らずを抜いていくことになりました。

レントゲン写真で確認してみると、大きな親知らずが斜めに向いて生えているのがわかります。

親知らずは下顎を通る神経管に接しているように見えたので、CTを撮影して詳しく生え方を解析していきました。

様々な角度から解析していき、親知らずと神経管は抜いていくための十分な距離があることがわかりました。

安全に抜いていけることが確認できたので抜歯開始です✩

親知らずは半分以上が歯ぐきに埋まっているので、歯ぐきを切開して剥離していきました。

歯ぐきをめくっただけではまだ親知らずの全貌は見えません。

分厚い顎の骨の中にあるので、親知らずの周りの骨を最小限削って抜いていくスペースを確保します。

そうした上で、親知らずの頭を切断して取り除き、真中からまた分割してわずかなスペースから確実に親知らずを抜いていきます。

根っこまで無事スッキリ抜けました!

患者さんには翌日に親知らずを抜いた部分の消毒に来ていただきましたが、頬の腫れはあったものの痛みはそれ程なく大丈夫ということでした。

下顎の親知らずを抜くとどうしても体の正常な反応で頬が腫れてきます。

しかし1週間も経つと自然と引いてきますのでご心配はいりません。

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 春爛漫ゴルフ2

  2. 今日のお花 2024/7/19

  3. 今日のお花 2024/7/18

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ