マウスピース

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。
 
今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。
 

今回の患者様は、上の前歯の歯並びの相談に来られました。確認したところ、上の前歯2本が逆ハの字に捻転し、少し前に出ていました。

ご本人は、できるだけ期間は短く、出ている前歯を奥に入れたいと希望されました。

まずはマウスピース矯正で診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:治療可能な症例ですが、治療期間が長くなります。

■平均治療期間:上顎 15回 15~17ヶ月


気にされている前歯も、捻転がなくなりキレイに改善されるようです。

しかし、捻転と重なりが大きい症例の場合は実際の歯並びは完了時の画像の位置まで到達しない可能性もあるとの事です。

その場合は、ワイヤーを入れて捻転を改善する場合もあります。

 

 

マウスピース矯正においては、患者様自身の管理も治療の進捗を大きく左右します。

このように、見積もりの時点で治療完了時の歯並びの画像が確認できるので、患者様のやる気も上がるようです。

こちらの患者様は小さなむし歯の治療が終わり次第、マウスピース矯正を始められることになりました。

最終結果が楽しみですね!

関連記事

最近の記事

  1. 抜歯前に注意すること

  2. 今日のお花 2024/06/14

  3. 今日のお花 2024/06/13

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
アーカイブ