親知らずの抜歯

むし歯になった親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは、県外からこちらへ引っ越してこられた方でした。

新しい環境にも慣れて近々お仕事も始まるということで、その前に親知らずの抜歯を希望されました。

親知らずは下顎左右どちらも少しだけ歯ぐきから出てきている状態でしたが、そこからむし歯になっていました。

この日はまず左側を抜いていくことになりました。

レントゲン写真で確認すると、親知らずは斜めに向いて生えていて、手前の歯との間にちょうどスペースがあり、ここに汚れが入り込みやすくむし歯になっていて、手前の歯の親知らずに近い部分もむし歯になっていました。

親知らずが下歯槽神経に近接していたので、CTを撮影し生え方を詳しく解析していきます。

CTで見ると神経管までの距離が十分にあることがわかったので抜歯開始です!

親知らずは奥歯のさらに奥ですが、器具を奥まで入れると気分が悪くなるということで、できるだけ負担にならないよう抜いていきました。

親知らずは斜めに向かって生えていたので歯冠の一部を切断して先に取り除き、器具の位置に気を付けて根っこまで慎重に抜いていきました。

怖がり…ということでしたが頑張っていただき無事抜けました☆

抜けた後はホッとされたご様子でした。

お疲れ様でした。

また右側も残っているので頑張ってくださいね!

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/02/25

  2. 左下の親知らずの抜歯

  3. 今日のお花 2024/02/24

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
アーカイブ