親知らずの抜歯

神経に近い親知らずの抜歯

こんにちは、BRです。今日も親知らずのお話です。

この患者さんは左下の近心傾斜埋伏智歯の親知らずを抜きに来院されました。

かなり痛みがひどく我慢できないようなご様子でした。

今までも何度も腫れたりひいたりを繰り返していたそうで、今回思い切って抜歯に踏み込んだそうです。

いつも通り、まず、レントゲン・CT撮影で歯が生えている方向や、神経の位置を細かく確認し分析します。

撮影後、歯が低位に位置している事が分かりました。

神経とも隣接していた為、通常より、やや難しい抜歯となります。

まず抜きやすくする為に、歯肉を切開した後、歯冠分割を施し取り出しに成功しました。

歯冠分割とはゼックリアバーという特殊な器具で歯を割って取りだすことをいいます。

取りだされた歯は上記のような写真になります。

難しい抜歯でしたが、院長の、数多くの経験と高いスキルで、顎への負担も少なく見事に抜き残しなく、きれいさっぱり抜けました。

患者さんも不快に思っていた親知らずの痛みから解放され、なお歯もキレイにぬけたことでスッキリした表情で帰られました。

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/7/14

  2. 今日のお花 2024/7/13

  3. 今日のお花 2024/7/12

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ