スタッフブログ

神経に近い親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は親知らずの抜歯のお話です。

最近、毎日のように親知らずの抜歯を希望される患者さんが多くいらっしゃいます。

今回の患者さんは、左下の奥が腫れて痛みがあったそうです。

部位を見てみると、親知らずが生えてくる辺りの歯ぐきが腫れあがっていました。

レントゲン写真で確認すると、大きな親知らずが見えました。

まっすぐに生えてはいますが、骨の中に埋まっている状態です。

下歯槽神経とも近かったため、CTも撮影し細かく解析していきました。

かなり大きな親知らずだったので、超音波器を使って骨から親知らずを浮かせてから、下歯槽神経を圧迫しないように慎重に抜いていきました。

スッキリ抜けましたよ!

悩みのタネとなっていた歯がなくなりホッとされたご様子でした。

下顎の親知らず、特に神経に近い歯を抜歯した後は頬が大きく腫れます

体の正常な反応なので心配はありませんが、今の時期とても暑いので体力も低下しています。

抜歯後は冷やして、しっかりと睡眠をとってくださいね!

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 松山の気候について

  2. 今日のお花 2024/04/19

  3. インプラントオペの症例

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
アーカイブ