親知らずの抜歯

神経に近い親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは左下の親知らずに痛みがあり、抜歯を希望されて来院されました。

部位を見てみると、親知らずは歯ぐきから出てきていない状態でしたが、痛みから腫れあがることもあり氷を食べて痛みをガマンしてみたりしていたそうです。

親知らずを抜くことに恐怖心があったそうですが、今回頑張って抜いていくことになりました。

親知らずの生え方をレントゲン写真で確認すると、横向きに生えた大きな親知らずが見えました。

そしてその根っこが下歯槽神経に近いことがわかたっため、CTを撮影して詳しく神経管との距離を解析していきます。

親知らずの根っこは神経管に非常に近接していましたが、角度を変えて調べるとわずかに離れていることがわかり抜歯開始です。

横向きに生えた歯なので、まずは歯冠を分割して取り除いていきました。

そして根っこを2つに分割して神経を圧迫しないように慎重に骨から脱臼させて抜いていきます。

大きな親知らずでしたがスッキリ抜けました!

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/06/22

  2. イタリアン スタンド ジラソーレ

  3. 今日のお花 2024/06/21

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
アーカイブ