スタッフブログ

神経に近い親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

季節の変わり目は親知らずが痛むという人は多いのではないでしょうか??

伊藤歯科でも毎日のように親知らずにお悩みの患者さんがいらっしゃいますが、最近は特に抜歯を希望される方が多いなと思います。

年度末もあり、新生活が始まる前に親知らずを抜いておこう!という考えの方も多いようです^^

さて、そんな今日も親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは、5年以上前に左下の親知らずを抜歯したそうですが、反対の右下の親知らずは抜歯をするかどうか悩まれていました。

痛みが繰り返すため、今回決心されて来院されました。

親知らずは歯ぐきの中に埋まっていましたが、レントゲン写真を見てみると、斜め方向に生えた親知らずがありました。

平面のレントゲン写真では、親知らずの根っこが下歯槽神経をまたいでいるように映っているため、CTを撮影しました。

根っこと神経管は非常に近い位置にありましたが、3Dで色々なアングルから解析し、安全に抜いていけることを確認してから抜歯していきました。

歯ぐきを切開して、抜きやすいように親知らずの頭部分を切断していきます。

残りの根っこは、神経を圧迫しなよう慎重に抜いていきました。

スッキリ無事抜けましたよ!

昔親知らずを抜歯したときより早い時間で抜けたと患者さんも満足されたご様子でした。

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 松山の気候について

  2. 今日のお花 2024/04/19

  3. インプラントオペの症例

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
アーカイブ