スタッフブログ

矯正治療のための親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは、矯正歯科治療を始めるにあたり下顎の親知らずの抜歯が必要ということで来院されました。

親知らずは、手前の歯を押すように真横に向かって生えています。

このような親知らずは下顎の歯並びを悪くする原因となります。

親知らずを抜かないまま矯正治療を行うと、治療後にも歯並びが後戻りしてしまうことも考えられるため早めの抜歯が勧められています。

今回の親知らずは歯ぐきから少しだけ頭が出ている状態でしたが、根っこは下歯槽神経に近い位置にありました。

CTを撮影して根っこと神経の位置を確認していきました。

下歯槽神経からわずかに逸れていることがわかったので抜歯開始です。

親知らずの頭の部分を少しずつ分割して抜きやすいようにしてから、根っこまで慎重に抜いていきました。

親知らずの根っこは少しだけ曲がっていましたが、見事スッキリ抜けました!

また反対側の右下の親知らずもあるので頑張ってくださいね。

関連記事

最近の記事

  1. 春爛漫ゴルフ

  2. 歯の黄ばみについて

  3. happy bagel

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
アーカイブ