歯のこと

混合歯列期のブラケット矯正(移動編)左上

こんにちは 歯科衛生士のイシカワです。

今回もブラケット矯正の移動編、左上に注目してみようと思います。

まず初診時、

左上側切歯が交差咬合です。

かみ合わせ部分から見ると完全に内側に入っておりスペースが足りません。

まずスペースを作るためブラケットを付けたときにコイルを入れて少しずつ歯間を広げていきます。

コイルを少しずつ長くして側切歯が並ぶスペースが出来てきました。(4か月後の状態)

かみ合わせ部分からみるともう少しスペースが足りません

矢印は乳歯ですが永久歯は乳歯より大きい歯が生えてくるので左側はまだ全体的にスペースが足りない状態です。

一年後、側切歯が綺麗に並んでいます。

奥の乳歯はまだ生え変わってないのでブラケットを付けたまま様子を見ていきます。

4か月後に第一小臼歯(矢印)が生えてきました。

スペースはあるようです。

その5か月後、乳犬歯が抜けました。

永久歯が生えるスペースが足りないので中切歯の時と同じようにコイルを入れてスペースを作っていきます。

6か月後は綺麗に生えそろいました。

あと第二小臼歯が生えてくるのを待ちます。

4か月後には第二小臼歯が生えてきました。

スペースは大丈夫ですね。

このように約3年で左上の歯並びは綺麗になりました。

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/02/22

  2. 地震が起きたときにどう行動するか

  3. 今日のお花 2024/02/21

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
アーカイブ