親知らずの抜歯

深い位置に生えた親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日も親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは、当院のブログを見て来院された方でした。

左下の親知らずが、疲れると痛みが出たり腫れたりするということでした。

親知らずは歯ぐきに埋まって見えない状態でした。

レントゲン写真を撮って確認してみると、親知らずは横向きで、さらに深い位置に生えているのがわかりました。

親知らずは下歯槽神経に近接していたのでCTを撮影して神経管の位置との距離を解析していきました。

どの角度から見ても神経管と非常に近いことがわかります。

細心の注意を払って抜歯をしていきます。

親知らずは歯ぐきの中で骨に埋まっている状態だったので、歯ぐきを切開してもほとんど親知らずは見えません。

歯ぐきを剥がし親知らずを覆う骨を少しずつ削っていきました。

親知らずの頭が見えてきたら、まずは頭だけを切断して取り除きます。

そして根っこは神経管を圧迫しないように慎重に抜いていきました。

無事スッキリ抜けました!!

深い位置に生えた親知らずを掘り出すように抜いたので、やはり抜歯後は頬の腫れや痛みもあったそうですが、だんだんと落ち着いてきているそうです。

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/02/25

  2. 左下の親知らずの抜歯

  3. 今日のお花 2024/02/24

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
アーカイブ