スタッフブログ

水平埋伏の親知らず

こんにちは、スタッフのトヨタです。

当院ではおなじみ?(笑)の親知らずの抜歯

今回の患者さんは、他院で左下の親知らずの手前の7番目の歯治療予定だったそうですが、親知らずを抜歯しなければ治療ができないといわれたそうです。

どのように生えている親知らずなのか、まずはレントゲン写真を撮って確認です!

レントゲン写真を見ると親知らずが真横に生えており、手前の歯を押している状態です。

そして、レントゲン写真上では神経に当たっているように見えます(><)

きちんと確認するため、次はCTを撮影です!

神経までの距離がわずか0.9㎜、そして頭の大きさが約11㎜と大きい親知らずということが判明!!

これはなかなかの大敵です(´・ω・`)

このように頭が少し出ている親知らずだったので、はじめに切開をしていき親知らずのを出します。

すると、大きな頭とご対面!!!

この大きな頭を分割していき、ピエゾサージェリーで周りの削っていきます。

思っていたよりも手前の歯を押していたので難関でしたが、院長先生のテクニックによってキレイに抜けました♬

抜歯後は、根っこまでちゃんと抜けているかレントゲン写真で確認^^!

抜き残しもなく、全部抜けています\(^^)/

時間も20分程短時間で抜けたので、患者さんも安心されたご様子でした(^ω^)!!

お疲れ様でした☆☆

前回のブログ

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/7/25

  2. カラーサンド

  3. 今日のお花 2024/7/24

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ