親知らずの抜歯

気になっていた親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日も親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは、下顎の左右ともにある親知らずが気になっていたそうで抜歯を希望されました。

部位を見てみると、親知らずは左右とも歯ぐきに埋まって見えない状態でした。

レントゲン写真を撮って生え方を確認すると、右下の親知らずは横向きに、そして左下の親知らずは斜めに向いて深い位置に生えていました。

今回は左下から抜いていくことになりました。

左下の親知らずは根っこが神経管にささるように生えているように見えるため、CTを撮影して多方向から生え方を解析していきました。

安全に抜いていけることが確認できたら抜歯スタートです✩

歯ぐきの中に埋まっている親知らずなので、歯ぐきを切開していき、抜いていきやすいように親知らずの周りの骨を少しだけ削っていきます。

親知らずの根っこは下歯槽神経に近接しているので、無理に力をかけて神経管を圧迫しないように慎重に抜いていきます。

スッキリ抜けました!

抜いた翌日はやはり頬の腫れもあったそうですが、4日後には腫れも痛みも落ち着いたそうです^^

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. happy bagel

  2. 今日のお花 2024/05/14

  3. 今日のお花 2024/05/13

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
アーカイブ