親知らずの抜歯

残った親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは、以前に左下の親知らずを総合病院で抜歯された方で、反対側の右下の親知らずを当院での抜歯を希望されました。

上顎左右にも親知らずが生えており、こちらは4年ほど前に当院にて抜歯を行いました。

今回の右下が最後に残された親知らずでした。

部位を見ると、親知らずは歯ぐきから少しだけ頭が出てきている状態でした。

レントゲン写真で確認してみると、大きな親知らずが横向きに生えているのがわかります。

また親知らずは神経管と重なるように位置していました。

CTを撮影して詳しく生え方を解析していきます。

親知らずは非常に下歯槽神経に近いですが安全に抜いていけることが確認できたので抜歯開始です!

親知らずは大きいので、歯冠から細かく分割しながら少しずつ取り除いていきます。

手前の歯とのスペースが出来たところで、根っこを慎重に抜いていきました。

抜いた歯は細かくなっていますが、抜いた後のレントゲン写真では抜き残しもないことがわかります☆

神経管に近かったので、抜歯後はお口が開きづらいご様子でしたが、だんだんと痛みも落ち着いてきているとのことでした。

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 松山の気候について

  2. 今日のお花 2024/04/19

  3. インプラントオペの症例

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
アーカイブ