コラム一覧

歯垢と歯石の違いについて

こんにちは、伊藤歯科医院歯科衛生士のトモザワです

今日は、歯垢と歯石の違いについてお話しします🦷🪥

歯垢とは、、
歯の表面であるエナメル質に付着する、白または黄白色っぽいザラザラ・ネバネバしたもが歯垢(プラーク)のことを言います。
その歯垢には1gあたり1億以上の菌がいます。🦠😱
ですので、歯垢を長時間放っておくと、虫歯や歯周病の原因になってしまうので、食後の歯磨きはとても大切です🪥

そして、その歯垢が唾液中に含まれるカルシウムなどによって石灰化したものが”歯石”になります。
歯石は、虫歯の原因にはなりませんが、歯周病に大きく関係しています👿🦠

歯石には2種類あることを知っていますか?
①歯茎より上にできる黄色・乳白色をしている縁上歯石
②歯茎の中にできる黒褐色をしている縁下歯石
があります

プラークはセルフケアである程度除去することはできますが、歯石は歯医者で専用の器具を使用しないと除去することは出来ません🙅‍♀️

歯石を放置したままにすると、、
歯茎の腫れ(歯肉炎)、歯茎が下がる(歯肉退縮)、骨の吸収の原因に繋がります。
そうすると、歯を支えている骨が溶けてしまい、歯がグラグラになり、痛みの原因になったり、歯が抜けたりと歯周病へと進行していきます

歯周病は全身疾患と関連していると言われています

歯を守るだけでなく、身体の健康を守るためにも定期的に歯医者に行きましょう!🦷🪥

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/02/25

  2. 左下の親知らずの抜歯

  3. 今日のお花 2024/02/24

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
アーカイブ