歯のこと

正しい間食のススメ

こんにちは。歯科衛生士のイシカワです。

皆さんは普段間食をしますか?

ケーキやスナック菓子など世の中には魅力的なおやつが沢山ありますね。

このような食べ物は虫歯になりやすい食べ物と言われていますが、どのようなタイミングでどのように食べれば虫歯になりにくいのか、今回は虫歯と間食についてお話します。

普段口の中は中性に保たれていますが食事をして口腔内に食べ物が入ると口腔内の細菌が食べ物を分解するために酸を出して酸性になります。

この酸が歯を溶かしていって虫歯になります。

まず間食に適した食べ物は糖分の少ない食べ物です。

チーズやナッツ類などはお勧めですがやっぱり甘いものを食べたいですよね。

それならプリンやゼリーなどは糖分が含まれていても歯にくっつきにくいので比較的お勧めします。

ケーキやチョコレート、クッキー、スナック菓子など糖分も含まれていて歯にくっつきやすい食べ物を食べた時は食べ終わった後に歯を磨くことが大切ですが外出中などで歯磨きできない時はブクブクうがいをして口の中に食べ物を残さないようにしましょう。

お水を飲んだり無糖のお茶を飲んだりするのも良いでしょう。

またキシリトールが入っているガムを噛んで唾液を分泌させると酸性になった口腔内が唾液の働きで中性になって虫歯になるリスクが低くなります。

そして特に大事なのはダラダラと食べ続けないということです。

口腔内が酸性に傾いていると虫歯になりやすくなるので間食の回数や時間に気を付けてください。

間食は気分転換になったりストレス発散になったりするので 食べずに我慢するのではなく食べ物や食べ方に気を付けて楽しい間食タイムを楽しんで下さい。

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/04/20

  2. 松山の気候について

  3. 今日のお花 2024/04/19

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
アーカイブ