親知らずの抜歯

左下の親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは、左下の奥歯が疲れると腫れて痛みが出ることがあるため抜歯を希望されました。

部位を見てみると、親知らずの頭が少しだけ歯ぐきから出てきている状態でした。

親知らずと歯ぐきの隙間から汚れなどが入り込み、歯ぐきに炎症を起こしていました。

レントゲン写真を撮って確認すると、大きな親知らずが埋まっているのがわかります。

親知らずの根っこが下歯槽神経に近接していたので、CTを撮影して神経管との距離を解析していきました。

神経管は根っこと非常に近い位置にありますが、抜いていくための十分な距離があることが確認できたため抜歯開始です。

親知らずは半分以上が歯ぐきに埋まっているので、まずは歯ぐきを切開していきます。

歯ぐきを開いても親知らずは周りを硬い骨に囲まれています

親知らずの周りの骨を最小限削ってスペースを作っていきました。

そして神経管を圧迫しないように慎重に脱臼させて抜いていきます。

親知らずの根っこはわずかに曲がっていましたが、折れてしまうことなくスッキリ抜けました!

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/02/25

  2. 左下の親知らずの抜歯

  3. 今日のお花 2024/02/24

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
アーカイブ