親知らずの抜歯

左下の親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは左下の親知らずの抜歯を希望されて来院されました。

親知らずはまっすぐ生えているので抜く必要はないと言われていたそうですが、痛みを繰り返すため抜歯を決心されたそうです。

部位を見てみると、親知らずに少しだけ歯ぐきが被っている状態でしたが、レントゲン写真で確認すると真っすぐ生えているのがわかります。

横を向いている親知らずより抜きやすいですが、親知らずが大きく下歯槽神経に近く接触が疑われるためCTを撮影しました。

親知らずは神経管から逸れて生えているのがわかります。

親知らずの位置が把握できたのでさっそく抜歯開始です。

歯ぐきが少しだけ親知らずに被さっているので切開してから抜いていきました。

真っすぐ生えているので分割はせず抜歯していきます。

神経管から逸れて生えてはいますが、非常に近い位置にあるので圧迫しないように慎重に骨から脱臼させていきました。

抜き残しなくスッキリ抜けました。

歯ぐきを切開する範囲も少しで済ますことができたので良かったです。

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/02/25

  2. 左下の親知らずの抜歯

  3. 今日のお花 2024/02/24

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
アーカイブ