親知らずの抜歯

左下の親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは1年半ほど前に右下の親知らずを抜歯した方でした。

右下の親知らずはまっすぐ向いて生えていたため比較的早く抜くことができたので、先日反対側の左下の親知らずを抜いていくことになりました。

左下の親知らずは右側とは違い、横向きに生えています。

横向きに生えている歯は、歯ぐきから出てきていなくても手前の歯と歯ぐきの間から汚れが入り込みやすいので要注意です。

親知らずは大きかったですが、CTを撮影して確認してみると、下歯槽神経からは距離があることがわかりました。

さっそく歯ぐきを切開していき骨から剥離させます。

親知らずは半分以上骨に埋まっている状態だったので、周りの骨を少し削っていきます。

横に向いている親知らずなので、歯冠から3分割して慎重に抜いていきました。

親知らずの根っこは神経管と近い位置にありましたが、神経管を傷つけることなく抜けました。

これで全ての親知らずがなくなりました!

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 松山の気候について

  2. 今日のお花 2024/04/19

  3. インプラントオペの症例

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
アーカイブ