親知らずの抜歯

左上の親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです

今日は、親知らずの抜歯のお話をしです。

今回の患者さんは、去年今年の春下顎の親知らずを2本抜歯した方でした。

下顎の親知らずはなくなりましたが、最近になって左上の親知らずが横から生えてきて気になるということでした。

部位を見てみると、一番奥歯の横側から少しだけ親知らずの頭が出てきていました。

レントゲン写真で確認しても親知らずが斜めに向かって生えているのがわかります。

しかし生えている位置が深く、親知らずの根っこは上顎の空洞にささるように生えています。

CTを撮影して解析していくと、ギリギリ親知らずは上顎洞に突き抜けていないことがわかりました。

親知らずの生え方を見てもブラシをあてるのが難しい位置なので今回抜歯していきました。

歯ぐきを切開していくと、奥歯の横から出てこようとする大きな親知らずが見えました。

そのまま引っこ抜くと上顎洞の膜が破れて繋がってしまう危険性があるので、超音波器を使って慎重に骨から剥離していきます。

抜いた穴と上顎洞が繋がると、炎症を起こして副鼻腔炎になることがあるので、無理に抜かず骨から脱臼させて抜いていきました。

上顎洞の膜を傷つけることなくスッキリ抜けました!

抜歯後消毒に来ていただきましたが、痛みもなく大丈夫とのことでした。

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 春爛漫ゴルフ2

  2. 今日のお花 2024/7/19

  3. 今日のお花 2024/7/18

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ