親知らずの抜歯

大きな親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは、左下の親知らず辺りの歯ぐきに痛みがあったので抜歯を希望されました。

部位を見て見ると、親知らずが歯ぐきから少しだけ出てきている状態でした。

その周りが炎症を起こして腫れて痛みが出てきていました。

レントゲン写真で確認すると大きな親知らずが横向きに生えていました。

下歯槽神経にも近かったのでCTを撮影して生え方を詳しく解析していきました。

親知らずの歯冠が11ミリ以上ある大きな親知らずですが、神経管からは十分な距離があるため抜歯していきました。

まずは歯ぐきを切開して、親知らずの頭部分を細かく分割して取り除いていきます。

そこからさらに半分に割って、残りの根っこを神経管を圧迫しないように慎重に抜いていきました。

抜けた後の歯は細かくなっていますが、抜き残しもなくスッキリ抜けました。

抜歯した翌日に消毒に来ていただき、神経に近かったので頬の腫れはありましたが、痛みはほとんどなかったそうです。

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/04/21

  2. 今日のお花 2024/04/20

  3. 松山の気候について

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
アーカイブ