スタッフブログ

大きな親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは、半年ほど前に左下の親知らずを抜歯し、先日反対側の右下の親知らずの抜歯を希望されて来院されました。

左下の親知らずは真横に向いて生えていましたが、右側はまっすぐ生えています。

とは言っても、親知らずの半分以上は骨の中に埋まっていて、頭の部分が少しだけ歯ぐきから出ている状態でした。

また親知らずは非常に大きく、根っこが下歯槽神経から近い位置にあるのがわかります。

安全のためCTを撮影して根っこと神経管の位置を詳しく調べていきました。

角度を変えて見ると、親知らずの根っこは神経管からわずかに逸れているのがわかります。

安心して歯を抜いていけることを確認できたのでさっそく抜歯開始です!

親知らずは大きくそのまま抜いていくことはできないので、歯冠を少しだけ切断して先に取り除きます。

そして残った部分を骨から剥離させて抜いていきました。

スッキリ抜けましたよ!

これで左右両方の親知らずがなくなって患者さんもホッとされたご様子でした。

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/04/20

  2. 松山の気候について

  3. 今日のお花 2024/04/19

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
アーカイブ