スタッフブログ

大きなむし歯になっている親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日も親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは、右上の親知らずがむし歯になっており痛みがあるため抜歯を希望されました。

親知らずは深い位置に生えていて、レントゲン写真では根っこの位置がハッキリと見えませんでした。

CTを撮って解析してみると、親知らずは上顎洞に近く、右側は上顎洞に膿溜まりが確認できました。

またむし歯で大きな穴が開いているのが見えます。

親知らずは上顎洞に近いため粘膜を傷つけないように歯を抜いていく高度なテクニックが必要です!

まずは超音波器を使って親知らずを骨から浮かせて慎重に抜いていきます。

骨から離れて歯がグラグラしてきたら、テコの原理を使って骨から脱臼させて抜いていきます。

上顎洞の粘膜を傷つけることなくスッキリ抜けました!

抜けた親知らずはむし歯で大きな穴があいていました。

痛みの原因の歯がなくなり患者さんもホッとされたことと思います。

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 抜歯前に注意すること

  2. 今日のお花 2024/06/14

  3. 今日のお花 2024/06/13

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
アーカイブ