親知らずの抜歯

大きなむし歯になっていた親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは、親知らずとその周辺の歯がむし歯になってしまっている方でした。

まずは親知らずの手前の歯もむし歯でしみるということで、手前の歯を治療してから先日親知らずを抜いていきました。

問題の親知らずは歯ぐきから少しだけ頭が出ている状態で、そこからむし歯が広がっていました。

手前の歯を押すように横向きに生えていたため、この親知らずと手前の歯の間に汚れが溜まりどちらの歯もむし歯になってしまいました。

親知らずは大きかったので、CTを撮影して下歯槽神経との位置を解析していきました。

位置的には浅いところだったので安全に抜いていけることが確認できたので抜歯開始です。

親知らずの頭部分はむし歯で崩壊していたため、途中で割れてしまわないように慎重に抜いていきました。

スッキリ抜けました!

抜歯の翌日に親知らずを抜いた部分の消毒に来ていただきましたが、頬の腫れはあったそうですが痛みはそこまでなく大丈夫とのことでした。

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/04/20

  2. 松山の気候について

  3. 今日のお花 2024/04/19

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
アーカイブ