親知らずの抜歯

右下の親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは、右下の奥歯が腫れるという方でした。

1年前から症状があり、腫れたり膿が出たりを繰り返していました。

奥歯の歯ぐきは盛り上がるようになっていましたが、親知らずは見えない状態でした。

レントゲンを見てみると、大きな親知らずが横向きに生えているのがわかります。

親知らずは歯ぐきに埋まって出てきておらず、その影響で手前の歯の歯周ポケットが深くなってしまい汚れが入り込みやすくなっていました。

歯ぐきの化膿を治すには親知らずを抜歯することがいちばんの方法でしたが、やはり抜歯となると怖い…ということでしばらく様子をみながら考えてみることになりました。

そしてそこから1年が経ち、決心もついたということで先日抜いていきました。

親知らずは大きく、下歯槽神経とも近い距離にありました。

親知らずは歯ぐきの中にありましたが、歯ぐきを切開するとすぐに見えてきました。

頭が手前の歯にぶつかるように生えているので、まずは親知らずの周りの骨を少し削り、歯冠を切断して抜いていくためのスペースを作ります。

そして残りの根っこを抜いていきますが、大きい親知らずだったのでさらに半分に切断して取り除いていきました。

最後に神経管を圧迫しないように慎重に根っこを抜いていきます。

スッキリ抜けました。

抜けた歯はこのように分割されていますが抜き残しもありません!

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 春爛漫ゴルフ

  2. 歯の黄ばみについて

  3. happy bagel

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
アーカイブ