親知らずの抜歯

右下の親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは右顎が痛むということで来院されました。

そして顎が痛む原因は親知らずにもあると考えられ、右下に生えていた親知らずを抜歯していくことになりました。

親知らずは歯ぐきから少しだけ頭が出てきている状態でしたが、レントゲン写真を確認してみると、斜めに向いて生えているのがわかりました。

さらに、親知らずは手前の歯にぶつかるように生えているため、手前の歯が大きなむし歯になっていました。

CTを撮影して、詳しく生え方を確認し、神経管から十分な距離があり安全に抜いていけることが確認できたので抜歯開始です!

親知らずは半分以上が歯ぐきに埋まっていたので、歯ぐきを切開して抜いていきました。

神経管から離れているとはいってもグイグイと抜いて圧迫してしまうといけないので、何回かに分割して取り除いていけます。

根っこまで慎重に抜いていき、無事スッキリ抜けました!

抜歯の翌日に消毒に来ていただきましたが、痛みもほとんどなく大丈夫とのことでした。

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/7/14

  2. 今日のお花 2024/7/13

  3. 今日のお花 2024/7/12

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ