コラム一覧

右下の親知らずの抜歯

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は右下の親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者様は、数日前に右下親知らずの歯茎が腫れ、薬を飲んで痛みは落ち着いたものの腫れがひかないと相談のため来院されました。

まずはお口の中を確認してみると、右下の親知らずは一部が見える状態で生えていました。


次にパノラマ写真を撮影してみると、右下の親知らずは少し深いところでほぼまっすぐに生えているのが確認できました。

さらに、下顎の親知らずは下歯槽神経に非常に近いところに生えている場合もあるため、CTも撮影し詳しい解析を行います。

親知らずの根っこは下歯槽神経から距離があることが確認できました。

腫れていると口が開きにくく、麻酔も効きにくいため、腫れがひいたら抜歯しましょうとお話し、本日、抜歯可能な状態であることが確認できたため、右下親知らずの抜歯を行うことになりました。


脈拍や血圧、酸素飽和度を測り体調を確認し、抜歯の注意事項をお伝えして、さっそく抜歯開始です。

まずは親知らずは歯茎の下に隠れている状態なので、歯茎を切開していきます。

親知らずの周りの骨を最小限削っていき、抜いていくスペースを作ります。

そこから親知らずの頭を掴んで慎重に抜いていきました。

傷口を縫合し抜歯終了です。

下顎の親知らずの抜歯の場合、歯根が下顎の神経に非常に近いケースでは、統計的にしびれた感じか6ヶ月ぐらい継続する症例が200例に1例ほどの割合で起こることがあります。

数時間後に抜歯後の症状の確認のお電話をしたところ、痛み、出血、腫れ、痺れの症状はなく、痛み止めも飲んでいないとのことで一安心です。

右下親知らずの抜歯、お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/06/22

  2. イタリアン スタンド ジラソーレ

  3. 今日のお花 2024/06/21

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
アーカイブ