コラム一覧

右上親知らずの抜歯

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は右上親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者様は約1年半ぶりに治療に来院されまいた。

お口の中を確認してみると、右上の親知らずが大きなむし歯になっていたため、今回、抜歯をすることになりました。

レントゲン写真を確認してみると、小さな親知らずは一部歯茎に埋もれており、やや手前に歯にもたれるように生えているのが確認できました。

上顎洞からは十分距離があるようです。

脈拍や血圧、酸素飽和度を測り体調を確認し、抜歯の注意事項をお伝えして、さっそく抜歯開始です。

親知らずの周りの骨を最小限に削り、抜くスペースを作ります。

それからゆっくりと頭を掴んで慎重に抜いていきました。

穴が開いた部分の傷口を縫合し、抜歯終了です。

数時間後に抜歯後の症状の確認のお電話をしたところ、出血、腫れ、痺れの症状はないが痛みがあるので、これから痛み止めを飲むとのことでした。

1週間後に抜糸に来院された際は、痛みは無くなったとのことで一安心です。

右上親知らずの抜歯、お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. happy bagel

  2. 今日のお花 2024/05/14

  3. 今日のお花 2024/05/13

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
アーカイブ