コラム一覧

台風について

こんにちは伊藤歯科医院歯科技工士の松井です。
今回は台風についてまとめました。

先日、台風6号7号の影響で日本に様々な被害が出ました。
台風が来た時の予測される被害などを知っていると何か起きたときにスムーズに対応できる可能性が高まります。
7月から10月にかけては日本に接近・上陸する台風が多くなり
・大雨
・洪水
・暴風
・高波
・高潮

などの被害が予想されます。

大雨の影響で川の氾濫や土石流、がけ崩れ、地すべりなどが発生しやすくなったり、暴風の影響で高波、高潮などが起きます。

一般的に平均風速が15m/s以上になると風に向かって歩けなくなり、転倒する人も出てきます。

また風に煽られてドアや扉に手や指を挟まれるなどの被害も発生します。

暴風や強風が吹いているときは屋外での活動は大変危険です。

これらは単独で発生するだけではなく、複合して発生し大きな被害となることがあります。

台風によって様々な被害が起きてしまいますが、
水不足の解消
台風はまとまった雨がふるためダムに水が大量にたまり、水不足を解消します。
海の生態系の維持
海水が風などでかき混ぜられることにより、酸素が深い海にいきわたることになります。
など、少しプラスになることもあります。

ですが台風の影響で被害が大きくなってしまうことが多いので、台風が来た時の対策をあらかじめ用意しておきましょう。

関連記事

最近の記事

  1. 伊藤歯科医院ヤマグチです。

  2. 今日のお花 2023/09/28

  3. 歯磨きのタイミングと時間について

2023年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
アーカイブ