マウスピース

DENマウスピース~口腔内記録

こんにちは、予防歯科インプラントホワイトニング審美歯科で大切な歯を守る愛媛県松山市余戸伊藤歯科医院、院長伊藤泰司です。

DENマウスピースで矯正治療中の患者さんには、毎回口腔内の記録をカメラにて行っています。

今まで記録していた写真は、上下の歯、咬んでもらっての正面からと左右側面を撮らせていただいていましたが、新にマウスピースを装着した写真を記録していくことにしました。

マウスピースは、2週間装着後のものと、新しくお渡しするものをそれぞれ装着していただいてカメラに記録します。

これによってDENマウスピースの使用前と使用後の歯への密着度がわかります。

↓↓↓

最初は少し浮いているように感じるかもしれませんが、こうして2週間咬み込んでいくことで歯にピッタリとフィットしていっているのがわかります。

これが歯が動いている証拠です!

DENマウスピースは、将来歯が動くべき位置に考えられて設計されているので、最初こそ圧迫感や少しキツイ感じがあるのはあたりまえなのです。

もしこれで大丈夫なのかなと疑問に感じることがあればお気軽にご相談ください

前回のブログ

関連記事

最近の記事

  1. 春爛漫ゴルフ

  2. 歯の黄ばみについて

  3. happy bagel

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
アーカイブ