親知らずの抜歯

傾いて生えている親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは、右上の奥歯に違和感があるとのことで来院されました。

親知らずがある辺りも噛むと痛みがあり、その手前の歯も痛みがあったそうです。

レントゲン写真を撮って確認してみると、大きな親知らずが手前の歯にぶつかるように斜めに向かって生えていて、手前の歯は親知らずがぶつかっている部分からむし歯になっていました。

まずは手前の歯の金属の詰め物を取り除いてからむし歯治療を行い、親知らずも抜いていくことになりました。

手前の歯の神経治療を行ってから親知らずの抜歯開始です。

手前の歯に食い込む形の生え方なので、抜いていきやすいように親知らずの歯冠を分割していきました。

そこから出来たスペースから根っこまで慎重に抜いていきました。

スッキリ抜けました!

手前の歯の痛みも治まり患者さんも満足されたご様子でした。

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. happy bagel

  2. 今日のお花 2024/05/14

  3. 今日のお花 2024/05/13

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
アーカイブ