親知らずの抜歯

伸びてきた親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日も親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは4年前に、右上の親知らずがある辺りの歯ぐきが腫れることがあるということで当院へ来院されました。

親知らずは歯ぐきの中に埋まっていて、レントゲン写真で確認すると上顎洞と呼ばれる骨の空洞になっている部分親知らずが突き刺さっているような状態でした。

このまま抜いていくと副鼻腔炎になる可能性もあるため、患者さんとの相談の末この時は抜歯を見送ることになりました。

そして去年3年ぶりに来院され、親知らずに押されて前歯の歯並びが悪くなっていることを悩まれていました。

3年経過したのでレントゲン写真を撮影してみると、左右の親知らずが伸びてきているのがわかりました。

右上はまだ上顎洞に刺さった状態だったので、まずは伸びきって手前の歯を押す原因となっている左上の親知らずから抜歯していきました。

そしてそれから1年が経過した先日、CTを撮影して4年前より歯が伸びてきていることが確認でき、患者さんも右上の親知らずを抜いていく決心がついたということで、抜歯していくことになりました。

伸びてはきていましたが、それでも親知らずの根っこは上顎洞の中にあったので、親知らずを抜くことで上顎洞と繋がってしまわないように慎重に抜いていきました。

無事スッキリ抜けました!

抜いた翌日に消毒に来ていただきましたが、痛みも鼻症状もなく大丈夫とのことでした。

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/02/25

  2. 左下の親知らずの抜歯

  3. 今日のお花 2024/02/24

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
アーカイブ