歯のこと

乳歯を大切に

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

子どもの歯はそのうち生え変わるから…と乳歯を蔑ろにしてはいけません。

乳歯は次に生えてくる永久歯の大切なガイドさんです。

乳歯がむし歯になったまま放置していると永久歯に様々な悪影響を与えます。

乳歯は小さいので、むし歯になってしまうと神経に達しやすいです。

神経まで達したむし歯は痛みがあり、治療ももちろん痛みを伴います。

お子さんが辛い思いをしないようむし歯は作らない、出来ても初期のうちに治すことを心がけましょう。

むし歯が進行してしまい、歯が崩壊したり生えかわりの時期より早く抜いてしまったりすると、隣の歯が抜けた歯の方に移動していき永久歯が生えるスペースが確保できなくなります。

そうなると、八重歯になったり永久歯がなかなか歯が生えてこないといった影響が出てきます。

また歯に痛みがあると、十分に噛めないことがありこれにより顎の発育が阻害されることも考えられます。

顎がきちんと発育していないと、生えてきた永久歯が並びきれず前歯がデコボコした歯並びになります。

乳歯の神経を取ったりお薬で治療すると、乳歯の下にある永久歯の表面が弱くなったり、生えてきた永久歯が変色したり、むし歯になるリスクが高くなります。

子どものむし歯治療は、大人と同じでむし歯の進行度合いによってその方法が変わってきます。

例えば小さなむし歯であれば白い詰め物で治すことができます。

当院ではあまりありませんが、神経の治療をした歯や大きなむし歯で削る量が多かった場合は乳歯でも銀歯になることがあります。

むし歯が神経まで達している場合は、大人と同様神経を取って根っこの治療をしていくことになります。

そして歯を残すことができないほど歯の頭が壊れてしまったむし歯では、乳歯がグラグラしていなくても抜いてしまうことがあります。

乳歯の治療は痛いので小さいうちから歯医者で歯を削ると、歯医者恐怖症になってしまいます。

歯医者は治療する場所ではなくむし歯にならないように予防する場所だと思って、歯が生えてきたら定期的に歯医者に通うようにしましょう☆

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/7/14

  2. 今日のお花 2024/7/13

  3. 今日のお花 2024/7/12

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ