スタッフブログ

乳歯が抜けてしまった場合の対応

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

乳歯が抜けてしまった場合、その歯を元の位置にもどす、いわゆる再植は、予後が悪いという理由で、以前はあまり行われていませんでした。

しかし、再植の技術や材料の進歩により、最近では積極的に行われるようになってきました。

しかしながら、乳歯の再植では、診断や治療に関する明確な基準は示されていません。

永久歯再植の条件としては、次の2つのことがはっきりしているので、乳歯にも当てはめることができます。

  1. 歯が抜けてから歯を元の位置に戻すまでの時間が、30分以内であれば、90%yが予後良好という報告がある
  2. 抜けた歯の歯根膜(歯を取り巻くクッション)を乾燥させない

乳歯が脱落した時点で、歯が不潔な状態であれば流水で洗い流します。

その際、次のことに注意してください。

  1. 歯根膜を直接手で触らない
  2. 長時間水道水に浸けない
  3. そして、脱落した歯を冷たい牛乳や保存液に浸けた状態で、30分以内を目標に歯科を受診しましょう。

*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*

『保育者が知っておきたい子どもの歯と口の病気―その対応と予防―』参照

前回のブログ

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/7/25

  2. カラーサンド

  3. 今日のお花 2024/7/24

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ