スタッフブログ

下向きに生えた親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは、左下の親知らずが腫れたり引いたりを繰り返していたそうで、今回抜歯を希望され来院されました。

部位を見てみると、親知らずは歯ぐきの下に埋まっていて見えない状態でした。

レントゲン写真を撮ると親知らずが見えましたが…

なんと親知らずは下に向かって生えていました!!

一般的には親知らずはまっすぐ生えているか、歯ぐきの中に埋まっていても真横を向いているかですが、今回は親知らずの頭が下を向いています。

こうなると、親知らずの歯冠が下歯槽神経に近くなってくるので、分割して抜いていく際にも神経管を損傷しないよう気を付けなければなりません。

さらに今回の親知らずは大きかったので非常に難しい抜歯となりました。

神経までの距離をCTより解析してから抜いていきます。

歯ぐきを切開しても、親知らずは顎の骨に囲まれて完全には見えない状態でした。

親知らずの周りの骨を最小限削り抜いていくためのスペースを確保していきます。

まずは歯冠を切断しますが神経に触れないように慎重に抜いていきます。

頭を取り除いてから根っこを抜いていきました。

無事スッキリ抜けました!!

抜歯の翌日はやはり腫れもありましたが、10日くらいで落ち着いてきたそうです。

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. happy bagel

  2. 今日のお花 2024/05/14

  3. 今日のお花 2024/05/13

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
アーカイブ