スタッフブログ

上顎の親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは、以前に右下の親知らずを抜歯された方でした。

右上の親知らずが残っていたため先日抜歯されました。

親知らずは歯ぐきから出てきていない状態でしたが、歯ぐきが盛り上がってきていたため手前の歯にブラシが届きにくく、むし歯になっていました。

レントゲン写真で見てみると、親知らずは上顎洞に近い位置に生えていました。

上顎には上顎洞という鼻につながる空洞があります。

親知らずがこの空洞との境目にある粘膜に突き刺さるように生えているため、抜歯をすることで粘膜がやぶれてお口と鼻が繋がってしまう!なんていうことも起こりかねません。

安全に抜いていくためには、まっすぐ生えている親知らずですがそのまま引っこ抜くなんてことはできません。

まずは超音波器を使い親知らずの周りをゆっくりと動かし骨から慎重に剥がしていきます。

親知らずがグラグラしてきてもまだ引っ張りだしません。

テコの原理を使って粘膜を傷つけないように親知らずを脱臼させます。

そしてようやく親知らずが抜けます。

安全のために手順は多いですが、時間にするとあっという間です。

患者さんも院長先生の抜けたよ~という言葉を聞いて「えっもう?」と驚かれているご様子でした。

抜歯の翌日は消毒に来ていただきましたが、痛みもなく大丈夫とのことでした。

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 春爛漫ゴルフ

  2. 歯の黄ばみについて

  3. happy bagel

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
アーカイブ