コラム一覧

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

今回の患者様は、上下の歯並びの相談のために来院されました。

まずはお口の状態を確認してみると、右上3番目の歯が、歯列から大きく外側にずれて生えています。

特に左上の1番目の歯が傾いて一部が隣の歯と重なっており、中心からも少しずれているように見えます。

また、下の前歯も数本の捻転が見られました。

治療に関しては、抜歯もディスキング(歯と歯の間をペーパーで削ること)もしても良いし、マウスピース矯正、ワイヤー矯正のどちらでも構わないと治療には積極的なご様子でした。

できれば金額は安い方がいいとのご希望でしたので、まずはマウスピース矯正で、診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:アライナー治療に適した症例です。
■平均治療期間:上顎 13回 13~15ヶ月  下顎 13回 13~15ヶ月 

今回の患者様の場合、大きくはみ出している右上3番目の歯を抜歯する必要があるようです。

その上で、生じるスペースを完全に閉じることは難しく、わずかにスペースが残る可能性があるとのことでした。

また、左上1番目は捻転と隣り合う歯との重なりが大きいため、画像上の位置まで到達しない可能があるとのことでした。

下顎に関しては、少しのディスキングのみで捻転が解消され、きれいなアーチ状に歯列がならぶ予測となっています。


マウスピース矯正では治療が難しいと診断された場合、ワイヤー矯正が可能な症例であれば専門医へのご紹介、またはその他の治療方法で歯並びの改善を提案させていただくことも可能です。

また、マウスピースとワイヤー矯正のハイブリッドな治療方法で改善できる症例もあります。

担当医の相談の上、希望にあった治療方法をお選びいただけますのでご安心ください。

マウスピース矯正においては患者様の管理の仕方によって治療期間が短縮する可能性も多いにあります。

患者様自身の管理も治療の進捗を大きく左右します。

このように、見積もりの時点で治療完了時の歯並びの画像が確認できるので、患者様のやる気もかなり上がるようです!

最終結果が楽しみになりますね♪

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/04/21

  2. 今日のお花 2024/04/20

  3. 松山の気候について

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
アーカイブ