マウスピース

マウスピース矯正の診断

伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

今回の患者様は、上下前歯の歯並びの相談に来院されました。

お口の状態を確認してみると、スペースが狭いためか、数か所の捻転や重なりが見られます。

特に上の前歯2本は歯列から前後に位置がずれており、また右下3番目は捻転が強く、ほぼ垂直に生えているのが確認できます。

治療については、マウスピース矯正を希望されており、できるだけ抜歯はせずに必要であればディスキング(歯と歯の間をペーパーで削ること)は構わないとのことでした。

治療の方法も、マウスピースだけで難しい場合はワイヤー矯正に移行する可能性もお話し、まずはマウスピース矯正で、診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

治療の可否:アライナー治療可能な症例ですが治療期間が長くなります
■平均治療期間:上顎 18回 18~20ヶ月  下顎 13回 13~15ヵ月

今回の患者様の場合、ディスキングの量は多くなりますが、ある程度はマウスピース矯正で歯列が揃う予測となっています。

しかし、右下2番目の捻転があること全体的なスペースが不足しているなどの理由で、マウスピースのみでは整列しない可能性があるとのことなので、マウスピース矯正でスペースを拡大した後、ワイヤー矯正へ移行することをご提案させていいただきました。

マウスピース矯正においては、患者様の管理の仕方によって治療期間が短縮したり、治療の進捗を大きく左右します。

また、ワイヤー矯正を組み合わせることで、マウスピース矯正だけでは難しい歯列の移動も可能にすることができます!

このように見積もりの時点で治療完了時の歯並びの画像が確認できるので、患者様のやる気もかなり上がるようです!

最終結果が楽しみになりますね☆

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/04/21

  2. 今日のお花 2024/04/20

  3. 松山の気候について

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
アーカイブ