マウスピース

マウスピース矯正の診断

伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

 

今回の患者様は、下前歯の並びの相談に来院されました。

下の前歯の6本に、捻転と重なりが見られます。

特に右下3番目の歯は、歯列から外側にはみ出したように生えているため、正面から見ると飛び出しているように見えます。

治療については、できれば抜歯はせず、ディスキング(歯と歯の間をペーパーで削ること)で歯列を整えたいとのご希望でした。

 

まずはマウスピース矯正で、診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:アライナー治療は治療不可能な症例です。

 

 

今回の患者様の場合、下の前歯の歯並びが捻転や重なりが大きく、また、上下の咬み合わせがぴったり合っていることで、移動するためのスペースがないとのことで、マウスピースによる矯正治療は難しいとの診断結果でした。

 

マウスピース矯正は目立たず矯正治療ができたり、通院回数が少なくてすむなどのメリットがあるのは魅力です。
しかし、まだまだ対応できない症例もあるのが現状です。
 
今回は患者様のご希望に添えない残念な結果となりましたが、ワイヤー矯正で治療が可能な症例であれば、専門の矯正歯科への紹介も可能です。
 
ぜひご相談ください。

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/02/25

  2. 左下の親知らずの抜歯

  3. 今日のお花 2024/02/24

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
アーカイブ