マウスピース

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。
今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

今回の患者様は、上下の前歯の歯列不正の相談に来られました。

お口の中を確認してみると、上顎は左右とも2番目歯が歯列の内側から生えている状態となっていました。

下の前歯は顎が小さくスペースが狭いためか、右2番目の歯が捻転し、両隣の歯より外側に出ています。
左側前歯は隣り合う3本が重なり合う状態になっています。
ご本人は、抜歯・ディスキングをしても構わないと治療に積極的な様子でした。

まずはマウスピース矯正で診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:アライナー治療は治療不可能な症例です。

今回の患者様は右上3番目が噛み合わせた時に下の歯と深く重なるため、マウスピース矯正では非常に難しいとの診断でした。

※診断書の参考画像

診断結果をお伝えし、矯正専門の歯科へご紹介させていただきました。

しかし、マウスピース矯正は目立たず矯正治療ができたり、通院回数が少なくてすむなどのメリットがあるのは魅力です。

今回は患者様のご希望に添えない残念な結果となりましたが、ワイヤー矯正で治療が可能な症例であれば、専門の矯正歯科への紹介も可能です。

ぜひご相談ください。

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/06/22

  2. イタリアン スタンド ジラソーレ

  3. 今日のお花 2024/06/21

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
アーカイブ