マウスピース

マウスピース矯正の診断

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、どのような症例がマウスピース矯正で治療が可能なのかをお話していきたいと思います。

今回の患者様は、下の前歯の歯列不正の相談に来られました。

過去に矯正をされていたそうで、目立った歯並びの不正は見られませんでしたが、途中でやめてしまい、さらに親知らずが生えてきたため左下1番目の前歯が両隣より内側ずれてきたとのことでした。

ご本人は、期間は気にしないが目立たない方法での矯正を希望されました

まずはマウスピース矯正で診断、見積もりを依頼することとなりました。

診断の結果はこのようになりました。

■治療の可否:アライナー治療は治療不可能な症例です。

今回の患者様は左下1番目の歯が両隣の歯との重なりが大きいため、マウスピース矯正では非常に難しいとの診断でした。

※診断書の参考画像

診断結果をお伝えし、ワイヤー矯正を行う方法も視野に入れて再検討することをおすすめしました。

今回のように隣の歯との重なりが大きく移動するスペースが無い場合、治療はワイヤー矯正の方が適しています。

しかし、マウスピース矯正は目立たず矯正治療ができたり、通院回数が少なくてすむなどのメリットがあるのは魅力です。

今回は患者様のご希望に添えない残念な結果となりましたが、ワイヤー矯正で治療が可能な症例であれば、専門の矯正歯科への紹介も可能です。

ぜひご相談ください。

関連記事

最近の記事

  1. 春爛漫ゴルフ2

  2. 今日のお花 2024/7/19

  3. 今日のお花 2024/7/18

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ