歯のこと

マウスピースによる歯列矯正の症例

みなさん、こんにちは。伊藤歯科医院カワニシです。

今日は、マウスピース矯正で歯並びが改善した症例をご紹介したいと思います。

 

まずは簡単に「マウスピース矯正」についての説明を・・・

マウスピース矯正とは、透明なマウスピースを使って行う歯科矯正の方法です。

(※当院では2019年10月よりDENマウスピースからGikoアライナーに移行しました。)

硬さの違うマウスピースを2~3週間ごとに装着していくことで、少しずつ歯を動かしていきます。

装置は透明なので目立ちにくく、脱着も簡単にできるので管理がしやすいのもメリットの一つです。

 

 

今回ご紹介する患者様は2019年5月に治療を開始されました。

開始時の歯並びは、上の前歯が重なりあった状態でした。

 

 

約2年が経った現在の歯並びがこちらです。

 

 

重なりは解消され、キレイなアーチ形に変わりました!

 

マウスピース矯正においては、患者様自身の管理も治療の進捗を大きく左右します。

最適な治療効果を得るために1日17時間以上の装着が必要です。

できるだけ長い時間装着し、よく噛むことで効率よく歯が動いていきます。

食事と歯磨きの時以外は装着しておくのが一番良い方法です。

装用時間が短いと歯が適切な位置に動かず、次のステップに進めなくなる場合があります。

また、食事後、就寝前は必ず歯磨きを行いましょう。

マウスピース本体もしっかりと洗浄してください。

 

症例によってはマウスピース矯正では対応できない場合もあります。

歯並びに悩んでいる方、興味のある方はぜひスタッフまでお問い合わせください。

キレイな歯並びを手に入れる第一歩を踏み出しましょう!

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/7/14

  2. 今日のお花 2024/7/13

  3. 今日のお花 2024/7/12

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ