親知らずの抜歯

むし歯になっている親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは、右下の親知らずが大きなむし歯になっていて、痛み止めを飲まないと痛みが治まらないということで抜歯を希望して来院されました。

さっそく部位を見てみると、親知らずは頭が少しだけ歯ぐきから出てきていましたが、大きな穴が開いていました。

確かにとても痛そうでした><

親知らずは歯ブラシが届きにくいため、食べ物が入り込んでしまうとなかなか取り除けず、そのままにしてしまうとむし歯になってしまいます。

レントゲン写真を撮って確認すると、親知らずがななめ向きに生えているのがわかります。

またむし歯が、親知らずの半分が穴があいている状態でした。

親知らずはむし歯を治療するための器具も届きにくいため、削って詰め物をするよりも今後も清掃不良で治療後も2次的なむし歯になることも考えられるので、さっそく抜歯していくことになりました。

親知らずは歯自体も大きく、根っこが下歯槽神経をまたいでいるように見られたので、CTを撮影していろんな角度から親知らずの生え方を解析していきました。

むし歯で炎症を起こしている親知らずなので、抜歯後もお口が開きづらかったり頬が腫れたりすることを説明してご理解いただいてから抜歯開始です。

親知らずは2/3が歯ぐきに埋まっている状態だったので、歯ぐきを切開していきました。

顎の骨から親知らずを剥がして慎重に抜いていきます。

むし歯になっていたので抜いている途中でも歯がボロボロと崩れていきましたが、抜き残しもなく抜けました!

抜歯の翌日に消毒に来ていただきましたが、抜歯をする前よりも抜歯後の痛みは我慢できる程と落ち着いたようでした。

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 春爛漫ゴルフ

  2. 歯の黄ばみについて

  3. happy bagel

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
アーカイブ