親知らずの抜歯

むし歯になった親知らずの抜歯

こんにちは、広報・受付担当トガワです。

今日は親知らずの抜歯のお話です。

今回の患者さんは、右下の親知らずが大きなむし歯になっていたため抜歯をすることになりました。

親知らずは歯ぐきから半分だけ頭が出てきている状態で、そこからむし歯になっていました。

手前の歯と比べると親知らずは沈むように低い位置に生えているので、ブラシが届きにくく、汚れが入り込みやすいという環境でした。

レントゲン写真で確認すると、親知らずは横向きに生えているのがわかります。

そして歯冠の半分がむし歯で崩壊しているのが見られました。

また親知らずは下歯槽神経とも近かったためCTを撮影して神経管との距離を解析していきます。

根っこは神経管と非常に近いですが、安全に抜いていけることが確認できたので抜歯開始です。

親知らずは半分以上が歯ぐきに埋まっているので歯ぐきを切開していきます。

見えてきた親知らずはむし歯が広がっていました。

親知らずの周りの骨を削って抜いていく準備をします。

しかしここからが大変でした。

親知らずの頭が崩壊してしまっているため、どんどんと砕けるようにバラバラになっていきます。

親知らずは抜くための掴むところがなく、切断して細かくしてから慎重に取り除いていきました。

無事抜き残しなくスッキリ抜けました!

むし歯になっていた親知らずがなくなって患者さんも安心できたのではないでしょうか^^

お疲れ様でした。

関連記事

最近の記事

  1. 今日のお花 2024/7/14

  2. 今日のお花 2024/7/13

  3. 今日のお花 2024/7/12

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
アーカイブ